FC2ブログ
サバイバルにっぽん
2012年12月をどう迎えようか。そこまでたどり着くためのツールを見つけながら、生き抜いていくための智慧や考え方を模索します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ツールとしてのコイン
ツールとして、道具とか、食べ物とか、いろいろ考えら
れますが、現時点でもっとも気になるのは、やっぱり
お金(紙幣)ではないでしょうか。

紙幣はもともと、単なるPrinted Paperです。それ以外の
何ものでもない。マネーの別名、エイリアスが「信用」
と呼ばれるゆえんです。皆が信用しあうから、紙幣の
制度が成立するのであって、その逆ではないのです。
いまこそ、その価値の体現者としての紙幣への信頼が
揺らいでいる時はないのではないでしょうか。

いま世界がこれ以上ないまやかしをやっていて、マネー
つまり価値の体現媒体の限界をいやでも感じずににはい
られないところまで追い詰められていると、皆うすうす
感じているのではないでしょうか。

ところが、ゆり戻しは誰にでもあって、いや待てよ、そ
んなことがあるわけはない、紙幣がなくなるなんてある
わけないよ、と自分の感じたことを自分で否定しまう。

とにかく、Paperはやめましょう。これは単なる借用証書
です。俺は誰にも貸していないって? いや、そうでは
なくて、労働の対価を借用証書で払ってもらっていると
考えるべきです。私はそう考えます。だって、紙幣は、
印刷しようと思えば、1万円札を原価数十円で刷れるの
ですから。。。でもコインはそうはいきません。銅なり
ニッケルなり、ゴールドなり、シルバーなり。現物です。
ちなみに、紙幣は現物とは言いません。それは借用証書
です。対価を払うかもしれません、という約束手形です。

私は最近、飲み物やガムを買うとき、申し訳なさそうに
1万円を出します。崩して、500円玉がおつりできたら
それをリザーブする。あとはネットで流動性の高い銀貨
を買う。たとえばメイプルリーフやイーグル、ウィーン
です。じっとオークションの売買成立価格を見ていると
上下動はありますが、ロングスパンで見ると、単価は高く
なっています。それもここ数年でそうなっています。

円高は次の瞬間、円安に変わるかもしれません、単に需
給でレートが決まるだけで、本質がそうさせているわけ
ではない。価値は本来、そんなに簡単に移動できるもの
ではないと思う。価値の流動性を高めることの詐欺性そ
れはこの社会が目指してきた、根本的なまやかしであろ
うと、そう思っています。

スポンサーサイト
[2010/03/03 00:40] | サバイバル | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<商品としての紙幣 | ホーム | 水でエンジンが動く、これは現実なのだろう>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://omaedon.blog93.fc2.com/tb.php/10-6456cebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

omaedon

Author:omaedon
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。