FC2ブログ
サバイバルにっぽん
2012年12月をどう迎えようか。そこまでたどり着くためのツールを見つけながら、生き抜いていくための智慧や考え方を模索します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
変容について
ずいぶん、記事を書きませんでしたが、また書いてみようと
思いました。というか、書くべきことがなかったということですが。。。
といって、いままた書くべきことがあるかというと、そうでもないので
すが。。。

世の中煮詰まってきた感覚、これは自分だけの感覚だと思うのですが。
つい最近はまでは、変化の兆しは縦横無尽にあるから、一気に変わるだ
ろうと思っていたのですが、人間の集合が関与すると、どうも一気に
世の中が変わるということはないと思うように変わってきました。

しかし、それにしても、僕のハンドルの一部である2012が近づくに
つれ、それは避けようがない、大激変をよそくせざるをえないというのが
現時点での感触です。

国際関係、経済問題、社会の問題、すべてが行き詰まりを示していて、
これだけの材料を前に、まだこの世の仕組みが続くと思っているほうが
どうかしている、とそう思います。

医療、食品、お金、と我々の実生活に密接な部分で、恐怖はひたひたと
近づいてきているようでなりません。それも強制力を伴うような。。。
人が、自分で選択することを制限されるようなことほどの恐怖というのが
あるのだろうかと思います。会社勤めで、上司の言うことを聞かなければ
ならないということも、それに類するかもしれませんが、もっと、人間の
生きるという根源的なところでの制限、強制ということほど怖いものはない
と最近思い始めました。

半強制的なワクチン接収、誰も確認していない輸入食品の安全性、銀行預金
の預け出し額の制限。。。いずれも理由はあるでしょうが、一方的なやり方
だと思いませんか?

いま、この国は、政治家の意図を超えて、大きく国民統制に動き出している
のを感じます。政治家が国を動かしているんではない。官僚や公務員が、
虫や甲殻類のように、半無意識に同調し合って、同じ方向へ国民を仕向ける
ことに余念がないことを、見抜けるようになりました。恐ろしいことです。

歴史は繰り返と言います。いまは、昭和15年とか16年とかと似たような雰囲気
があるのではないでしょうか。そして、経済的に決定的な墜落が待っている。
そこを境に、我々はまた不幸につれていかれるのではないでしょうか。

どうも、この世の中の仕組みというのは、我々が学校で教えられてきた、単純
で直線的で、2次元風のものではなさそうです。裏の裏ががあったり、捻じ曲
がっていたり、逆が真で、真が嘘だったり、そういうことが平気であるような
仕組みであるとしか考えられないことを実感するようになりました。

ともかく、経済的な変動が近づいているのは間違いなさそうです。そもそも、
日本人が経験したことのないような不景気が20年に渡って続いているのですから
それは、もう事実です。そして、それは今のところ救いようのない、悲しい、
未曾有の惨事が目前であるという直感にいきつきます。私には、それは避けられ
ないような、経済的な困難がこれから来るとしか思えないのです。

それは、感覚的なもので、論理的に説明すべくもないことですが、まず間違いない
と思います。まずは国民生活にとっては、食べ物、エネルギーというところで現れ
てくると思います。

だから自分自身へ向けるキーワードとして、野菜、自立といったことをイメージ
しています。食料とエネルギーの確保、私はこれを最優先にしていきたいと思って
います。もう、目の前に、そうならざるをえないところまでに、それは来ていると
実感されるのです。
スポンサーサイト
[2010/10/31 00:30] | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) |
プロフィール

omaedon

Author:omaedon
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。