FC2ブログ
サバイバルにっぽん
2012年12月をどう迎えようか。そこまでたどり着くためのツールを見つけながら、生き抜いていくための智慧や考え方を模索します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
商品としての紙幣
紙幣を発行する側が本音をいえば、紙幣は彼らに
とって「商品」です。流動性が極端に高く、利益率
がものすごく高いという。

それを発行しているのは、日本では日銀です。いっ
ぽう硬貨コインを発行しているのは、日本政府です。
そこで思うのは、ではなぜ、日銀は硬貨を含めたお金
を発行しないのでしょうか? それは彼ら発行者が
発行するときの、投下資本とリターンの比を見たと
き、硬貨はあまりに儲けが少なく、損をするからでし
ょう。原価は高いし、加工費用も印刷代の比ではない、
と。

硬貨は、補助貨幣です。紙幣を補助するための、で
す。なぜ、政府が紙幣を含めて発行しないのでしょう
か? 現時点でいわれる政府発行紙幣論ですが、まず
紙幣は国家・政府が発行してたんじゃないの? その
素朴な疑問に誰かが明確に答えるべきです。そのこと
には、多くの知の巨人とか言われる人々は発言しませ
ん。なんで? 知らないから? どうして一民間企業
の日銀が独占的に発行するのか。というか、民間企業
が紙幣を発行していいの? という本質を考えるべき
ではないでしょうか。

政府発行紙幣は軍票の類、という反論はまさにそのと
おりだと思います。でも、1000円硬貨は? 10000円
硬貨は? これは軍票とは違う。そこをもう少し考え
てみたいと、そう思うわけです。
スポンサーサイト
[2010/03/03 01:08] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

omaedon

Author:omaedon
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。