FC2ブログ
サバイバルにっぽん
2012年12月をどう迎えようか。そこまでたどり着くためのツールを見つけながら、生き抜いていくための智慧や考え方を模索します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
シルバーイーグルの製造工程
West Point MINT
スポンサーサイト

テーマ:資産運用 | ジャンル:株式・投資・マネー

[2012/01/04 17:16] | 金融&経済 | トラックバック(0) | コメント(0) |
風雲、急を告げるか
この指摘を、まずは見てください。朝倉慶氏の直近のものです。
------------------------------------------------------
 3月31日に鳩山首相は、亀井金融郵政担当相の意見を飲んで、
郵貯の預け入れ限度額を1,000万円から2,000万円にす
ることに決めました。これは重要です。
 郵貯の預け入れ限度額を引き上げれば、郵貯に資金が流れるの
は疑いがなく、明らかに信用金庫や地方銀行のような中小金融機
関のみならず、大手も含めた金融機関の経営を圧迫するのは必至
です。このような政策は誰が考えても理に合っていませんし、現
に新聞各紙は批判のオンパレードでした。
 当初、鳩山首相は亀井金融郵政担当相に対して、「まだ決めて
いない」と限度額引き上げを認めないような発言をしていたのに、
最終的に認めたのはなぜか? ずばり亀井大臣から郵貯の現状を
聞いたからに違いないでしょう。もう郵貯はぎりぎりの状況なの
です。ほおっておけば日本国債を売らなければならない状態とな
っていたとみればいいでしょう。考えてみればわかりますが、す
でに資金の8割を国債で運用しているわけで、これ以上買えませ
ん。このまま郵貯の資金を下ろされれば国債を売るしかないので
す。このように考えると今回の決断は日本国債の値崩れを回避す
るためのやむを得ない決断だったのでしょう。巷で言われている
ような選挙対策ではありません。もっと切実な問題が水面下に存
在していて真実を話すことはできないのです。亀井金融郵政担当
相は日本を救った気分かもしれません(一時しのぎにしかすぎま
せんが)。目には見えませんが、日本国ももうギリギリのところ
にきています。
------------------------------------------------------
つまり、日本の金庫はほぼ空っぽというわけでしょう。
いまの連立内閣が成立して、自公の政府から引き継いでみたら
金庫には何もなかった、と。これは、地方の中小金融機関から
預金が流出するとかといった心配をしている場合ではないので
は?

テーマ:生きる | ジャンル:ライフ

[2010/04/05 23:36] | 金融&経済 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

omaedon

Author:omaedon
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。